読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

死なない程度に頑張ろう

眼鏡が無駄に考えたり考えなかったり

充実を追い求めて

雑記

春休みも残り1ヶ月を切ろうとしています。ここまで春休みに何をやったかというと、日記を遡る限り、下宿の友人宅でパーティやって髪の色が変わって成績発表の後にゼミの教授に会ってきて自宅生の友人宅へいってカメラを買ってといった感じです。外出、特に遠出に関するイベントは皆無です。世間一般で語られるような大学生の長期休暇は、バイトとサークルのイベント等で彩られた華やかなものでありますが、残念ながら自分には全く縁遠いものであります。ということで私も充実した生活を送りたいと考えると、気分が落ち込み毛が抜けて歯ぎしりが発生することが最近発覚しました。何度も書いていますが、他者との比較は精神を疲弊させます。他者の生活を理想として邁進するのもいいですが、それが普通だ一般的だという理由で目指すのだと明らかに無理をしているために上手くいかないか、上手くいっても自分に適合しないと結局のところ精神的に参って終わりです。それならばこれが自分だと現状を受け入れていた方が精神衛生上はよろしい。かくして、去年は見事比較からの自滅を歩んだので、今年は春季休暇の途中経過がこのざまであっても、なんだかんだでこの生活が慣れていて悪くないと思っていることを自覚して適度に現状肯定をしつつ他者を羨みたいと思います。現状肯定が過ぎたらただの逃避なのでその塩梅を見極めることが重要ではないかとそれっぽく書いてみたり。

 

浮かんだことをを書き連ねてみましたが、内容を見直すと中学高校の生意気盛りの自分がリア充は他人が決めることではなく、自分がどう感じているかだと鼻高々声高々に主張していたことを思い出して少々残念な気持ちになります。大学に入って以降、良くも悪くも一般的ななにかを求めるようになってしまったからこんなに他者との比較云々を話に引っ張りだしてるのでしょうかね……。

 

別件

冒頭にもちょっと出ましたが、カメラを買ってみました。スマホで写真をとってパソコンで見ると白飛びや手ブレピンボケ等が気になって思い切って購入した次第です。一眼レフやミラーレスではなく高級コンデジですが、これはレンズを買うだけの財力や情熱があるかは分からないためです。届いて開封し、見た目にテンションが上がるとともにこれで何を撮影するんだよとも思え若干購入に後悔をしたりしなかったりと忙しいですが、とりあえずは触ってみてどう付き合っていくかを考えていく所存です。