読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

死なない程度に頑張ろう

眼鏡が無駄に考えたり考えなかったり

臀部と出来物

大学が始まったのは置いといて、臀部の出来物についての話。数ヶ月ほど前に臀部に小さな腫れらしきものがあったのが発端。そのうち治るだろうと放置していたら結構気になるサイズまで大きくなり、調べたら粉瘤という中に老廃物が溜まった袋である可能性が浮上。自然消滅はないとのことで皮膚科に行くか検討をしたのが1ヶ月ほど前です。ちなみに妹及び親に確認されたところ乳首みたいだったとかなんとか。それでもなんだかんだでずるずると引きずり9月末、ついに座ると軽く痛みがある程度にまで成長しました。潰れたのかと思いましたが萎むわけでもなく、触感から表面の皮膚がひび割れていることが判明しました。ここから膿でも出ているのかなと思いつつまた放置。今日になって再び親に確認してもらったところ、膿らしき白いものがあるとのこと。そんなわけでグイグイと圧迫して溜まっているらしい膿と血を出す流れになりました。曰く押すとどんどんしぼむとか。とりあえず出せるものをある程度出して消毒、ガーゼをして終了。粉瘤だと思っていたのですが、膿と血が出てきたことを考えると普通にできものなのかもしれません。今現在も椅子に座ると痛みがあり、ガーゼで抑えてますが血が出ている可能性もあります。まあ再び様子見ということにはなりますが。

 

出来物自体については時の流れに身をまかせることとしますが、この一連の過程で齢廿一にして親や妹に臀部を見せることとなってしまったのが恥ずかしいやら悲しいやらといったところです。何にせよ早く痛みが引いてついでに出来物も消えてくれることを祈るばかりです。