読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

死なない程度に頑張ろう

眼鏡が無駄に考えたり考えなかったり

進路や胃痛

11月となりました。すっかり寒くなり、今日はミラクルムーンという話なのに曇り空だったりの昨今。とりあえず紅葉を見に行きたい気持ちがあります。

 

紅葉といえば、先月末に山に登って紅葉を堪能し、撮った写真をパソコンに写した矢先パソコンが臨終。これ以降胃痛に悩まされています。胃痛に関しては、パソコン関係がきっかけではありますが、今は進路の悩みが原因になっています。11月から業界説明会が始まり、公務員予備校の入学はラストチャンスでさあどっちだと問いかけられている気がしてなりません。民間と公務員で悩むうちに両方中途半端になる可能性も怖いですし。別に公務員には予備校でのダブルスクールが必須だとは思ってもいませんし、独学の進捗も悪くはありません。しかし、周囲の人の様子を見るとこれでいいのかと不安になるのが自分の性格。高3で周りが学校での自学自習を申し込んでいたことを思い出します。自分が職に何を求めていて、一長一短な民間と公務員からどちらを選ぶのか決断はできないままです。日によってブレますし。ここに悩みを書くくらいなら大学の就職支援室にでも行っておけという話でもありますが。

 

前述の類から陥る、「悩んで気づいたら片方の選択肢が消えていた」というものは過去に何度も経験しています。人生を振り返ると機会損失という言葉にまとめられそうなくらい。齢21でいい加減に進歩しろという話であります。何も考えずにスー過去進めるだけの作業の気楽さよ。