死なない程度に頑張ろう

眼鏡が無駄に考えたり考えなかったり

親知らず抜歯イベント(報告編)

 前記事(親知らず抜歯イベント(予告編) - 死なない程度に頑張ろう)の続き。下顎2本の水平埋没智歯の抜歯について、入院と現況。

 

 入院当日。昼頃に病院へ行き、自分と同じように入院して抜歯するであろう人々と病室に案内されます。いつ頃に迎えに行くという話を聞いて待機。自分の場合は2時間ほど病室待機だったので、スマホでゲームしたり、持参したFireタブレットSurfaceで動画視聴やTwitterをやって時間を潰しました。時間を潰すというよりも、襲ってくる不安から目を逸らしていたというか。 

 只管に画面とにらめっこしていたら、ついに看護師さんに呼ばれ、移動。また暫く受付付近で待機。先に終わった人が顎に保冷剤的なものをつけて車椅子で押されている様に更にビビります。

 そして今度こそ入室。血圧や心拍数の測定器具を取り付けられ、点滴をセットされます。点滴で静脈内鎮静法その他諸々抜歯に要するものを流すそう。その際、医者の人に酒に強いかを聞かれました。なんでも静脈内鎮静法はアルコール摂取時のような感覚になるようで、酒に強いと効き目が薄い傾向があるそうで。一応強い方なので、効き目が悪かったらどうしようとこの場になっても戦々恐々。

 点滴が始まって10秒ほどで、視界に異常が生じました。天井の模様が動いているように見えて、言っていた酔ったような感覚とはこれのことかと納得した記憶があります。そこからの記憶はあまりありません。気がついたら抜歯は終盤で、金具で口をこじ開けられ、縫合なのか歯があったところをしきりに突っつかれて痛かったことを辛うじて記憶しています。実際もっとしっかり意識はあったと思うのですが、直後の睡眠で忘却の彼方に吹っ飛びました。その点もアルコール摂取時の様相に似ています。

 術後、朧気な意識の中車椅子に乗り、看護師さんに運ばれて病室に戻ります。その状態で袋に入った抜けた歯を貰い、中身を確認しようとしてポロポロと落としていたら就寝。先述の通り、ここで手術中の記憶が一気になくなりました。

 しばしの睡眠の末に起床。局所麻酔の影響も収まり、口内の違和感が襲ってきました。明らかに腫れている感覚と地味に痛み。耐えられるレベルですが、気にならないわけではない微妙なもの。

 違和感あるなあと呆けていると看護師さんが登場し、点滴を外されたり安静解除と処方箋の説明を受けました。その後夕食も登場。メニューはお粥や他人煮など。この食事がまた難敵でした。当然のことながら、腫れはあるので口があまり開けません。痛みもあるので食物が触れると軽く悶絶します。食片が縫合糸に引っかかるのもきつい。この手の抜歯は、抜いていない方の歯で噛むという技があるらしいのですが、今回のような両側の場合は使えません。前歯は咀嚼に関してはほぼ戦力外。極小サイズで前歯~奥歯手前で噛むことを試みたり、舌で潰そうとしたりと悪戦苦闘。気合で完食はしたものの、食事なのに疲労感が襲います。その点お粥はほぼ流し込めたのでとてもありがたいものでした。ただ、あくまでお粥なのでそこまでお腹は膨れず、消灯時間には空腹の自己主張が。ままならないもので。お茶も若干染みました。

 腫れと痛みを除けば至って普通の体調なので、その後は手術前と同じように時間潰しをし、就寝。

 翌朝、早朝に30分ほど点滴を行い、朝食のお時間。メニューはお粥にオクラのおかか和えになますに味噌汁、はんぺん。牛乳もありました。はんぺんの味が気に入って少し大きめに口に入れたところ、見事に悶絶。迂闊。食後に処方された痛み止めとうがい薬を使用し、指定された時間に受付を訪れます。受付でしばし待った末に呼ばれ、詰めていたガーゼの摘出と痛みや感覚麻痺の確認、予後の説明を受けて退院。なんでも腫れのピークは明日明後日とのことで。

 

 かくして退院し、現在は家にいるわけですが、医者の言ったとおり、段々と腫れが悪化してきている状況です。顎の輪郭が台形ぽくなっています。食事も相変わらず難易度が高く、離乳食・介護食のように柔いものを少しずつ食べるにつけ、普通に食べられることのありがたさと食の娯楽的な要素を強く意識します。正直現状だと毎食ウィダーインゼリーでいいんじゃないかと思うくらいに食べるのが難儀です。飲み物はあまり支障がないのが唯一の救いですが……。

 ともかく、普通に食事したいのですが、先述の通り腫れは明日明後日まで悪化するのでしょう。果たして、普通に食べられるよになるのはいつなのか。月曜日に腫れ顔出勤と昼食ウィダーインゼリー芸をすることになるのか、それが気がかりです。

親知らず抜歯イベント(予告編)

 週末に抜歯するのでとりあえず簡単に書いてみる回。

 

 親知らずが生えているなと舌の感覚で認識はしており、そのうち生えきるのだろうと数年間放置していました。そして去年、ふと鏡で口内を見たところ、見事に横向きに生えていると発覚。抜いたほうがいいのだろうかと地元の開業医に足を運びました。レントゲンを撮られ、そこに写ったのは下顎に見事なまでに横向きに生えた親知らずと、現在進行系で歯肉に横向きで埋まってスタンバっている親知らずの姿。上顎の親知らずは通常方向でスタンバイしていたのでこちらは一応問題なし。ともあれ、下顎の2本については抜くのを推奨ということで、総合病院の紹介状を貰いました。

 後日、紹介状を持参して総合病院へ足を運ぶと、再びレントゲン撮影が行われ、日帰りで1本抜くことを2回するか、一泊二日の入院で一気に2本抜くかの選択肢を提示されました。医者の方曰く、強い麻酔が使えるから入院推奨とのこと。その場ですぐにどちらか選べるわけもなく、後日連絡すると言ってその場を後にしました。ここまでが昨年の秋ごろまでの話。

 完全に臆病風に吹かれ、なあなあにして1年弱が経過しました。横向きの親知らずは他の奥歯を圧迫して害を及ぼしかねないことは重々承知しており、いい加減腹をくくることにして電話をしました。コースは一泊二日。虫歯にはなったことがないのでこれが初の抜歯、しかも水平に埋まったものということで精神衛生上よろしそうな方にしました。これまた臆病風に吹かれたわけで。

 入院の事前説明で再びの総合病院へ。なんでも静脈内鎮静法なるものと局所麻酔を併用し、歯肉を切除して歯と骨を削り抜歯するとか。砕いているけど抜歯と呼ぶのかと説明中に考えましたが、気にするべきはそこではなく。腫れは勿論のこと、神経に近いから暫く知覚障害が残ることもある、歯の破片が除去できない可能性があるなど、手術リスクの話を色々されました。それらに同意する署名が必要みたいで、これがいわゆるインフォームド・コンセントなのかと少々感慨深くなりました。入院に連帯保証が必要なことも新たな知見。更にどうでもいい話として、手術等の書類を見ていて知ったんですが、親知らずって智歯と書くんですね。今回は水平に埋まっている親知らずということで、水平埋伏智歯(すいへいまいふくちし)なる呼称に。若干長い。

 

かくして週末に入院予定が控えています。入院は2歳頃の鼠径ヘルニア手術以来であり、内容も期間も随分と軽いものですが、当時の記憶はほぼないので実質初の入院。そして初の抜歯。果たしてどんな感覚が待っているのか期待なのか不安なのかわからない高揚感を抱えつつその日を待つのでした。

おみくじ5連ガチャ

あけましておめでとうございます。おみくじを見かける度に引いた結果、吉→末吉→末吉→凶→凶と確実に内容が悪化していますが、私は元気です。特に凶については当たり前ながらいいことはまるでが書いていないので地味に響きます。悪いおみくじは利き手と逆の手で結ぶといいそうですが、そもそも利き手のみでも片手で結べなかったわけで。1回目の凶の時点で今後の凶に備えて片手での結び方を軽く予習したところ、すぐに予習内容の出番がやってきてなんともかんとも。

 

2つの末吉と2つの凶に辛辣なことが書いてあったので、反省話を一つ。

「周囲の目を気にしすぎ」「周囲の目を気にしていない」と相反することを稀に言われますが、本人としては基本的に頑固なのだろうと思っています。まあそういうわけで、色々な事象について思うことがないわけでもないのです。友人と時々そのあたりが雑談の一環で話題になるのですが、相手が自分と同じ考えとは限らない。でもそれが面白い点でもあったりで。

 かくして意見の違いで知人と話すのは日常茶飯事で、それはそれで完結したもので人間関係とは別物と考えていました。しかしながら、当然ながらそんな認識は人によるし、日常茶飯事ではないわけで。「よく喧嘩している」と以前言われたことがあり、当時はそんな喧嘩しただろうかと思っていましたが、今にしてみればこうした意見の違いを表明することは喧嘩の一種だったのかなと。そう考えると、自分は結構な頻度で吹っ掛けているのではなかろうかと。それでも相手をしてくれる人達は優しくありがたいと思う一方で、詫びで頭が上がらないと思った次第です。

 

ともあれ、散々なおみくじで始まった2018年はどうなるのでしょうね……。「占いは都合のいい部分は話半分に信じる、そうでない部分は話半分に信じない」と考えつつも2連凶はな……。

JRゲートタワーで成分献血をしました

タイトルの通り、名古屋駅のJRゲートタワーにて献血をしました。名古屋駅にはセントラルタワーズにも献血ルームがあるのですが、今年開業したゲートタワーの献血ルームはそれを抜いて全国で最も高い位置にある献血ルームだとか。

f:id:worcel0910:20171103140302j:plain

献血ルームからいわゆる駅西を撮ったもの。桜通口の高層ビルラッシュと比べて変化の少ない光景


 

で、献血について。JRセントラルタワーズ大須商店街で400mlの全血は経験したことがあるのですが、成分献血は初体験。今回は成分献血でも血漿を抜くものでした。成分献血は抜いた血の一部を体内に戻すので、全血が20分そこらで終わるのに比べて所要時間は50分から1時間と長めと説明されました。割と水を飲むタイプなので、少しトイレ関係が心配に。

問診や血液検査を終えて、献血に突入。血液を抜いて、血漿以外を戻すことを4回。血液を戻されるとき、ひんやりとしたものが体内に入ってくるのがわかってなかなかな面白みがあります。悪堕ちモノで冷たいものが体に入ってくるみたいな描写があったりしますが、こんな感じなのかなと。ちなみに、血行が悪いのか、腕に湯たんぽ、手にカイロ、腹にも湯たんぽに加えて毛布追加と他の人に比べて真冬仕様漂う見た目で血を抜かれていました。血を抜かれ始めると露骨に手先が冷えるのです。

 

備え付けタブレットGyaOのアニメを見たり、YouTubeでゲーム実況を見ているうちに献血は終了。受付でローソンのドーナツと挽きたてコーヒー自販機利用コインを貰いました。下界を見下ろしながら食べるコンビニドーナツ(税込み125円)は贅沢なのかどうなのかはわかりませんが、そこそこいけるお味でした。

しかし、こう高層で景色が良かったり設備の整ったりしたところで献血をすると、他の献血ルームやバスでの献血を憚る人は出てこないのかとも思いますね……。

悲観と楽観の程度問題

昔からマイナス思考だとよく言われています。基本的に、下手に期待をしていると上手くいかなかった際の落胆が大きく尾を引くので、ならば最初から悪く考えて予防線を張っておこうと思ってのことです。テストでも受験でもくじ引きでも、とりあえずいい結果にならないと思って生きてきました。

ただ、この卑屈スタイルには当然のごとく欠点があります。あらかじめマイナスに考えておくことは、それ自体が自身のメンタルを削り疲弊させます。実際大学受験時は情緒不安定でしたし。そしてそのケアとして周りの手も煩わせます。面談のように、マイナスに考えること自体がマイナスの結果を導く原因となるパターンもありますし。

 

こと人間関係に限れば、マイナス思考はいいものではないというのが人生24年現在の知見です。だからといって楽観がいいとも思っていませんが。卑屈なのは所謂メンヘラとしての面倒臭さを相手に与えます。楽観的に考えた場合でも、相手がネガティブな感情を持っていた場合、それに鈍感であるというこれまた面倒な展開が待っています。

 

とまあ、最終的には「いい感じに悲観と楽観の塩梅を保ちましょう」という話になるのです。されど、いい感じとはなんぞやという問題は残るわけで。程度を探るための経験値が足りないと思う今日このごろ。

返信がないときに考える事3段階

今更な話ですが、文字だろうと対面だろうと会話が得意ではありません。曰く反応に困るものを話すなど。これは大丈夫だと自分が判断したものでも、反応に困るという分類である場合もあります。そんなコミュニケーションスキルの結果、既読ないし未読で放置されることも少なくありません。ということで、放置されているときに思うことをいくつか述べます。

 

・第1段階:相手が忙しい

比較的楽観的な思考。特に相手が院生等で勉強中だったり、仕事が激務だと知っていれば、時間があっても気力がないというケースもあるので、気長に構えることになります。

 

・第2段階:自分が反応に困る発言をした

省みて落ち度を探す段階。隙きあらば自分語りよろしく、へーそうなんだとしか返答できない事を送ったのか検討しています。自省レベルに足を踏み入れてはいますが、精神的にはまだ安定。

 

・第3段階:自分が地雷を踏んだ

対面コミュニケーション以上に、文字コミュニケーションは難しいと幼少期に読んだインターネットエチケットの本にもありました。ともあれ、自分の発言が相手を傷つけたり気を逆撫でした可能性を考えます。しかし、問題発言の見当がついても、あるいはつかなくてもそれを切り出していいのかと詰まります。自分が思う問題発言が的外れだった場合は、相手からすれば更に気分を害するでしょう。また、「なにか悪いことした?」と尋ねるのは私は無自覚だという宣言になりえます。相手からすれば感情の機微に気付かないのかと思うのは必死です。この段階は、一種の一人相撲状態であり、身動きが取れなくなっています。

 

以上、3段階を辿ります。人と話したくとも、話すきっかけがなくてひねり出したら反応に困るものになってしまったり、反応がないと一人相撲に陥ったり、24年生きてきても相変わらず会話は難しい。

第3段階は特に悩みます。地雷を踏んだと考えても、それからどうすればいいのか、その経験値も足りません。高校時代に親友の地雷を無自覚に踏んだ時は、なんとか理由を聞いて平謝りしていましたし。実際には地雷を踏んでいなくて、そこで「なにか悪いことした」と聞くのは自滅であり、地雷を踏んでいても、先述の通り相手に人の感情に疎いと宣言することとなります。そうして固まって状況を悪化させる。親密な関係であるほど、落ち度を謝りたいと考えつつも、下手な発言をしてはいけないという思いもあり、ひたすらに沼にはまっていきます。座して待っても改善するわけではないので、動くべきなのでしょうが……、人間関係に臆病と言われたことを思い出します。

 

しかしこの記事、反応に困るものの典型である。

頭痛の前触れ閃輝暗点

1年ぶりに閃輝暗点からの偏頭痛に襲われました。

 

閃輝暗点とは視界にノコギリの刃のような形状のギラついた光が映る症状。症状の後に偏頭痛が発生し、寝込むまでがワンセット。Wikipedia閃輝暗点の項目に画像がありましたが、大体こんな物体が登場します。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%82%A1%E3%82%A4%E3%83%AB:SemkiAnten.gif

 

今回は出先でスマホをいじってたら、妙に文字が見づらいと気づいたのが発端。日光やフラッシュを見た後の黒っぽい残像が常に視界にある感じです。時間が経つと視界の異物は弧を描き、ギザギザした光を放ち始めました。ああ、これは閃輝暗点だと確信を持ち、頭痛に備えます。閃輝暗点が消えてから徐々に頭に違和感が生じ、30分程度でそれは痛みのレベルにに変化。閃輝暗点を認めてから一応頭痛に効くツボを押すなどの行動をしてましたが全くの無力でした。更に30分後に家に到着しベッドに倒れ込み、ピークの痛みや吐き気のようなものに耐えて3時間。ようやくある程度動けるくらいに痛みが引いたのでした。それでも全く痛みがないわけではなく、その後ずっとだるさが残っていました。

 

この閃輝暗点、若年では偏頭痛を伴い周期的に発生するそうですが、加齢とともに減少していくそうで。逆に中年で閃輝暗点が発生した場合は脳梗塞や脳腫瘍のような病気の可能性があり病院に行くべきだとか。自分は齢23ということでとりあえず前者だろうと病院は様子見です。以前は3ヶ月スパンであったのに今回は1年後と頻度も減ってますし。

 

閃輝暗点は字面は必殺技ぽさに満ちてますが、現実は痛いし辛い偏頭痛の予告です。頭痛が突発的に起こらず事前通達してくれるという点では、閃輝暗点を確認した時点でロキソニンのような頭痛薬を服用すれば幾分かましになるのかもしれません。ところで、偏頭痛の際は「この痛みが引くなら何でもする」「死んでもいいから痛みから開放されたい」みたいなことを毎回思ってしまうのですが、自殺頭痛とも呼ばれる群発頭痛はどれほどの痛みなんでしょう……。